作品のご紹介

花慕情より 「シラサギソウ慕情」/ 日本レミコ押し花学院

シラサギソウ慕情

サイズ:54.5×72.5
花材:シラサギソウ、クラマゴケ 他


シラサギソウ慕情
まるで白サギが翼を広げて飛んでいる姿のようなこの花は、多くの人々が憧れる花である。
水ゴケの中で育った小さな根が、とても美しい花を咲かせる。庭中をこの花で一杯にしたいと思い球根をたくさん買ったのだが、湘南の海辺の私の家の庭では残念ながらシラサギソウは上手く育たなかった。
長野に住んでいる花仲間Sさんの知人が上手に育てていると聞き、お願いして譲ってもらった苗の半分を花の夢美術館で育てて、残りを鎌倉の自宅で育てた。自宅の花は元気が悪く、花も小さかったが、長野で育てた花はとても元気で大きな花が育った。
朝夕の温度差を好む花だということで、またしても育成に失敗してしまったが、それでも押し花にして残せた花を全部使って作品にした。
シラサギソウは、私にとってはいつまでたっても変わらず憧れの花である。


■作品アドバイス
白く小さな花を白く押し上げるためには、難易度の高い技術が必要です。きれいに押し上がった花は気品があります。


■花資料
シラサギソウ・・・
ラン科。日本・朝鮮半島・台湾原産。7月~9月にきれいな白い花を咲かせます。花は唇弁が幅広くその周辺が細かい糸状に裂けて、まるで白鷺のような形になります。


クラマゴケ・・・
イワヒバ科。アジア地方原産。山地の日陰の湿ったところや林下の湿った場所に群生さます。



その他の作品

受講コースのご案内

日本レミコ押し花学院では、全国に押し花教室を開講しています。受講コースでは本格的な押し花を解りやすく学べます。

受講コースのご案内

作品の書籍紹介

ここに掲載されている作品は「花慕情」に収録されています。

現代押し花アート美術館
「花慕情」
花慕情
2,730円
(誠文堂新光社 刊)

ご注文は以下より承っております。

プロフィール

近藤レミ子
1979年、日本で初めて押し花専門学校「日本レミコ押し花学院」を設立。
日本、世界で多くの作品展を行い1981年以降数々の賞を受賞。
現在は毎年各地の有名デパートにて作品展を行うほか、国内外に多数の教室を持ち、優れた指導者の育成と現代押し花アートの普及に力を入れている。

お問い合せ

0120-030487

受付時間 10:00?17:00
(土・日・祝日を除く)

〒161-0034
東京都新宿区上落合1-9-11
TEL (03)5389-6425(代表)
FAX (03)5389-6430

フォームからの問い合わせ

学院長の作品紹介