作品のご紹介

花慕情より 「イワシャジン慕情」/ 日本レミコ押し花学院

イワシャジン慕情

サイズ:50×40
花材:イワシャジン、ワレモコウ


イワシャジン慕情
名古屋での仕事の帰りに、店頭で見た青いスズランのような花はイワシャジンという名前の花でした。漢字にすると岩沙参と書き、キキョウ科に属する野の花だ。細くしやなやかな茎に垂れ下がった美しい花はとてもエレガントである。多忙になり山歩きなどめったにできなくなってしまった私にとっては憧れの花の1つである。
「根を傷めないように上手に植え変えないと、次の年、花が咲かないよ。育てるのがとっても難しい花なんだよ」と店の小父さん。値段のはる大きな鉢を欲張って3鉢送ってもらう。大事にしたその鉢は海辺の庭で育てるにはやっぱり難しいものがあり、次の年、咲いてくれたのは、1鉢だけだった。買ったとき、押し花にした花が、今もこうして美しいままでいつでも私を楽しませてくれている。


■作品アドバイス
生育成分布が限られるので、野や山で見かけたら、花は摂取せず観賞するだけにしましょう。持ち帰っても土地に合わなければ消えてしまいます。専門店で種から育てた花の方が活着が良いです。


■花資料
クジャクサボテン・・・
サボテン科。南米原産。5月~6月に赤、黄、白などの花を咲かせます。多肉質の長い葉に美しい花を咲かせます。花が孔雀の羽のように美しい事からクジャクサボテンと呼ばれています。


ワレモコウ・・・
バラ科。アジア地方原産。8月~10月に花を楽しめます。ワレコモウの根にはタンニンが含まれていて、乾燥させたものが止血剤になります。



その他の作品

受講コースのご案内

日本レミコ押し花学院では、全国に押し花教室を開講しています。受講コースでは本格的な押し花を解りやすく学べます。

受講コースのご案内

作品の書籍紹介

ここに掲載されている作品は「花慕情」に収録されています。

現代押し花アート美術館
「花慕情」
花慕情
2,730円
(誠文堂新光社 刊)

ご注文は以下より承っております。

プロフィール

近藤レミ子
1979年、日本で初めて押し花専門学校「日本レミコ押し花学院」を設立。
日本、世界で多くの作品展を行い1981年以降数々の賞を受賞。
現在は毎年各地の有名デパートにて作品展を行うほか、国内外に多数の教室を持ち、優れた指導者の育成と現代押し花アートの普及に力を入れている。

お問い合せ

0120-030487

受付時間 10:00?17:00
(土・日・祝日を除く)

〒161-0034
東京都新宿区上落合1-9-11
TEL (03)5389-6425(代表)
FAX (03)5389-6430

フォームからの問い合わせ

学院長の作品紹介