作品のご紹介

花慕情より 「リンゴ花慕情」/ 日本レミコ押し花学院

リンゴ花慕情

サイズ:54.5×72.5
花材:リンゴの花


リンゴ花慕情
長い間非常に憧れ続けていたりんごの花を蓼科、女神湖の花の美術館のスタッフNさんの知人から分けていただけることになり、リンゴ畑に伺ったのは夕暮れ時だった。
両手に余るほど大きいリンゴの花は、夕暮れの中で灰白く、美しく、咲き誇り私を幸せにしてくれた。
その帰り道、暮れなずむ空の端に夕陽がかすかに残っていた。そんな暮れなずむ空の情景とリンゴの花への憧れを作画した。


■作品アドバイス
リンゴの花は、押し花としては難易度が高くありません。気品の良さを生かすために、他の花を加えていません。花弁が外れやすいので注意。


■花資料
リンゴの花・・・
中央アジアの山岳地帯~西アジアにかけての寒冷地が原産。4月下旬~5月下旬に花が咲きます。リンゴの木は落葉高木で晩春頃に白い花が開花します。



その他の作品

受講コースのご案内

日本レミコ押し花学院では、全国に押し花教室を開講しています。受講コースでは本格的な押し花を解りやすく学べます。

受講コースのご案内

作品の書籍紹介

ここに掲載されている作品は「花慕情」に収録されています。

現代押し花アート美術館
「花慕情」
花慕情
2,730円
(誠文堂新光社 刊)

ご注文は以下より承っております。

プロフィール

近藤レミ子
1979年、日本で初めて押し花専門学校「日本レミコ押し花学院」を設立。
日本、世界で多くの作品展を行い1981年以降数々の賞を受賞。
現在は毎年各地の有名デパートにて作品展を行うほか、国内外に多数の教室を持ち、優れた指導者の育成と現代押し花アートの普及に力を入れている。

お問い合せ

0120-030487

受付時間 10:00?17:00
(土・日・祝日を除く)

〒161-0034
東京都新宿区上落合1-9-11
TEL (03)5389-6425(代表)
FAX (03)5389-6430

フォームからの問い合わせ

学院長の作品紹介