作品のご紹介

花慕情より 「秋路慕情」/ 日本レミコ押し花学院

秋路慕情

サイズ:54.5×72.5
花材:ヤマハハコグサ、ウメバチソウ、ツタの紅葉


秋路慕情
ヤマハハコグサに初めて出会ったのは十数年前、東北へ一人旅したときだった。
時ウメバチソウを初めて見に行ったのは長崎教室の仲間たちと一緒のときだった。こちらもずいぶんと前のことである。
そのとき以来、ずーっとこの花たちに私は憧れ続けている。多忙であり入手することがなかなかできない私の気持ちを知り、あちこちの花の仲間たちが私の手元に花を届けてくれた。
この懐かしくも大切な花たちを、紅葉の花かごにたっぷりと盛り込んだアレンジはまるで、この花たちへの私の積年の想いを見ているようだった。


■作品アドバイス
ヤマハハコグサとウメバチソウを使って作画しました。優しく柔らかなタッチを楽しみたく、台紙も強い色を使いません。好みで台紙の色に変化をつけると、また違う作風になるでしょう。きれいな紅葉の花かごが全体をひきしめています。


■花資料
ヤマハハコグサ・・・
キク科。アジア全域原産。4月~6月に花を楽しめます。山地帯~高山帯の日当たりのよい草地に生える雌雄異株の多年草です。茎は白い綿毛に覆われていて、葉は厚く3本の葉脈が目立ちます。


ウメバチソウ・・・
ユキノシタ科。東アジア北部原産。8~10月に2cmほどの白色の花を咲かせます。太く白い花糸を持つ雄しべとともに、糸状に裂開した雄しべがあり、これがウメの花の雄しべを連想させます。


ツタ・・・
ブドウ科。アジア地方原産。6月~7月に小さな花が咲く。紫紺色の小さな果実ができるがもの凄く渋いため、人間には食べられたものではないです。



その他の作品

受講コースのご案内

日本レミコ押し花学院では、全国に押し花教室を開講しています。受講コースでは本格的な押し花を解りやすく学べます。

受講コースのご案内

作品の書籍紹介

ここに掲載されている作品は「花慕情」に収録されています。

現代押し花アート美術館
「花慕情」
花慕情
2,730円
(誠文堂新光社 刊)

ご注文は以下より承っております。

プロフィール

近藤レミ子
1979年、日本で初めて押し花専門学校「日本レミコ押し花学院」を設立。
日本、世界で多くの作品展を行い1981年以降数々の賞を受賞。
現在は毎年各地の有名デパートにて作品展を行うほか、国内外に多数の教室を持ち、優れた指導者の育成と現代押し花アートの普及に力を入れている。

お問い合せ

0120-030487

受付時間 10:00?17:00
(土・日・祝日を除く)

〒161-0034
東京都新宿区上落合1-9-11
TEL (03)5389-6425(代表)
FAX (03)5389-6430

フォームからの問い合わせ

学院長の作品紹介