作品のご紹介

花慕情より 「花のマーチ」/ 日本レミコ押し花学院

花のマーチ

サイズ:72.5×54.5
花材:ラークスパー、アネモネ、ミヤコワスレ、ヤマホロシ、アジサイ、ゼラニウム、レースフラワー、マーガレット(ピンク)、アカバドラセナ、イエローキャスケード


花のマーチ
たくさんの花々が咲く道を、子供たちの鼓笛隊が楽しそうに通っていく。充分に練習を積んできた子供たちの顔はどこか自身に満ち溢れ、活き活きとドラムを叩いている。そんな情景を思い浮かべながらファンタスティックな色彩に仕上げてみる。


■作品アドバイス
ファンタスティックな色彩を持つ大型の葉、赤ドラセナを使って作画してみました。ドラムという型にして遊びを加えてみました。


■花資料
ラークスパー・・・
キンポウゲ科 。南ヨーロッパ原産。5月~6月に白やピンクなどの花を咲かせます。全草にトリカブトに似た毒を持っています。毒性は種子が一番強いとされています。


アネモネ・・・
キンポウゲ科。南ヨーロッパ地中海沿岸原産。春先に花を楽しむことができます。花は一重のもの、八重のもの、色も赤・白。


ミヤコワスレ・・・
キク科。日本原産。5月~6月に花を咲かせます。花の色は花色は紫青、青、白、ピンクなど多種に渡り色鮮やかです。耐寒性は強く露地で越冬します。その反面、耐暑性がやや弱いです。


ヤマホロシ・・・
ナス科。日本原産。花はナスの花によく似ており6月~7月に楽しむことができます。成長が早く、一気にツルが伸びていきます。丈夫ですので育成条件はあまり選びません。


アジサイ・・・
アジサイ科。日本原産。6~7月に花を楽しめます。鮮やかで絢爛な見た目とはうらはらに、毒性があり、人や牛などが摂取すると中毒を起こします。


ゼラニウム・・・
フウロソウ科。南アフリカ原産。気温10度以上で咲き続けるため、日光のもとでほぼ1年中開花しています。雨になると花が傷みやすいため、傷んだものはその都度摘み取りましょう。


レースフラワー・・・
セリ科。ヨーロッパ中西部原産。5月から6月に花を楽しむことができます。多数の小さな花が集合して直径15センチほどの花になります。


マーガレット・・・
キク科。カナリア諸島原産。3月~6月に白、桃色、黄色などの花を咲かせます。マーガレットには色々な花の咲き方があります。全体に花びらが付いているオペラ咲きや、真ん中のおしべ、めしばの周りに花びらがついている咲き方などがあります。


アカバドラセナ・・・
リュウゼツラン科。ニュージーランド原産。多くの場合生命の危機を感じた時に非常ににおいの強い花を着けます。葉の基部と裏面が赤紫色で大変美しい植物です。大きくなると幹の基部が膨らんできます。


イエローキャスケード・・・
ネイティブフラワーの1種。オーストラリア原産。10月頃に見ることができる。その名の通り「黄金の滝」。細く繊細なのですが、実は枝は硬め。使い易くとても人気。



その他の作品

受講コースのご案内

日本レミコ押し花学院では、全国に押し花教室を開講しています。受講コースでは本格的な押し花を解りやすく学べます。

受講コースのご案内

作品の書籍紹介

ここに掲載されている作品は「花慕情」に収録されています。

現代押し花アート美術館
「花慕情」
花慕情
2,730円
(誠文堂新光社 刊)

ご注文は以下より承っております。

プロフィール

近藤レミ子
1979年、日本で初めて押し花専門学校「日本レミコ押し花学院」を設立。
日本、世界で多くの作品展を行い1981年以降数々の賞を受賞。
現在は毎年各地の有名デパートにて作品展を行うほか、国内外に多数の教室を持ち、優れた指導者の育成と現代押し花アートの普及に力を入れている。

お問い合せ

0120-030487

受付時間 10:00?17:00
(土・日・祝日を除く)

〒161-0034
東京都新宿区上落合1-9-11
TEL (03)5389-6425(代表)
FAX (03)5389-6430

フォームからの問い合わせ

学院長の作品紹介