作品のご紹介

花慕情より 「ホタルブクロとソバの花」/ 日本レミコ押し花学院

ホタルブクロとソバの花

サイズ:54.5×72.5
花材:ソバの花、ホタルブクロ、シロヨモギ 他


ホタルブクロとソバの花
長野新幹線佐久平の駅からバスで女神湖・夢の花美術館へ行く途中の道には白樺林や田園や畑、牧場などの豊かな自然が広がり、バス通りにはきれいな花が植えられ、季節ごとに変化する景色を眺める楽しみがある。ソバの花が咲く初夏の頃には、畑一面に白いそばの花が咲き誇る。
一度、ソバの花で作画したいと思っていた。
美術館のスタッフYさんの知人を通して、その白いソバの花をいただくことになり、私は喜びのあまり小躍りをしてしまった。白い花ソバの花にはもうソバの実も付きはじめていた。
同日に「先生、来る途中に綺麗なホタルブクロが咲いていたので、花びんに差してください」とホタルブクロの花を差し出すスタッフのNさん。
んなハッピーだった一日を作品にすることができた。
白ヨモギの花かごにアレンジした花々はとても優しくおだやかで、私の心を幸せで満たしてくれる。


■作品アドバイス
ソバの花は成熟してくると茶色の実が付きはじめますが、渋さが加わり捨てがたいものがあります。花の白さを求めたい場合は早めに採集します。


■花資料
ソバ・・・
タデ科。中国東北部原産。7月下旬~8月上旬に花を楽しむことができます。ソバの花の色は白、淡紅、赤色です。ソバの花は咲き始めがとても綺麗です。下から段々と花が咲いていきます。


ホタルブクロ・・・
キキョウ科。東アジア原産。5月~7月に可愛らしい花を咲かせます。数個の釣り鐘型の花を穂状につてうつむいて咲きます。花色には赤紫と白があり、関東では赤紫、関西では白い色の花が多く見られます。


シロヨモギ・・・
キク科。東アジア原産。8月~10月に小さなわずかに黄色みを帯びた花を咲かせます。全体が白い絹毛に切れ目なく覆われていて、触ると少しフカフカしています。茎は先端が立ち上がり花序をつけます。



その他の作品

受講コースのご案内

日本レミコ押し花学院では、全国に押し花教室を開講しています。受講コースでは本格的な押し花を解りやすく学べます。

受講コースのご案内

作品の書籍紹介

ここに掲載されている作品は「花慕情」に収録されています。

現代押し花アート美術館
「花慕情」
花慕情
2,730円
(誠文堂新光社 刊)

ご注文は以下より承っております。

プロフィール

近藤レミ子
1979年、日本で初めて押し花専門学校「日本レミコ押し花学院」を設立。
日本、世界で多くの作品展を行い1981年以降数々の賞を受賞。
現在は毎年各地の有名デパートにて作品展を行うほか、国内外に多数の教室を持ち、優れた指導者の育成と現代押し花アートの普及に力を入れている。

お問い合せ

0120-030487

受付時間 10:00?17:00
(土・日・祝日を除く)

〒161-0034
東京都新宿区上落合1-9-11
TEL (03)5389-6425(代表)
FAX (03)5389-6430

フォームからの問い合わせ

学院長の作品紹介